四万十・足摺お取り寄せグルメの旅

0
     

    先日、黒潮町にて、地元の天日塩や黒糖を使った商品開発「さしすせそ計画」が始まり、伊勢丹の現役バイヤーを招いて、試作品の試食会を行いました。

    意見を聞きながら、商品の中身を修正し、最終的にはお店で売ってもらえる状態を目指す試みですが、かなりハードルは高く、今後、何回も来ていただくことになりそうです。

    せっかく高知に来てもらったので、商品開発だけでは持ったないということで、現地に宿泊し、夜の懇談会、そして次の日は丸一日フリーにして、土佐清水市・大月町と高知の一番端っこのおいしいもの「おとりよせグルメ」を案内しました。



    夜は、黒潮町と言えばカツオ。
    その日とれたカツオを豪快に藁焼きたたきにしてもらい、また、黒潮町は四万十川の近くということもあり、贅沢に四万十の幸のフルコースも加えて食べてもらいました。
    日戻りカツオ、四万十の幸はすべて貴重な天然物・とれたてなので、お取り寄せは難しく、現地でしか食べられない味ということでご説明。



    次の日は、土佐清水市の元気プロジェクトが販売している「清水サバの漬け丼」「サバカレー」「ブリの魚飯」「キビナゴ・サバ・ハモのフライ」

    これはすべて、加工品でお取り寄せができるものをランチ風に食べていただきました。




    午後からも、立て続けに試食のオンパレード
    私の生まれ故郷・大月町の干しイモ「ひがしやま」、「ブリのへら寿司」「地の鳥・豚・魚の塩麹漬け」
    これもお取り寄せグルメとして、積極的にバイヤーに提案しました。



    さっそく、10月に高知特集を組んでくれるということで、土佐清水の商品は一発OKでした。
    大月町はちょっと宿題をいただき、再チャレンジ。

    それにしても高知は食材の宝庫。
    冷凍にすれば新鮮な食品が自宅で手軽に食べられる提案がいろいろできます。




    私の夏の一押しグルメ、大月町・苺氷り本舗の「苺氷り」も来年の伊勢丹催事を目指します。

    これが高知の食の豊かさ

    0
      刺身

      先日、鎌倉の叔父が久しぶりに実家に帰省したというので、兄弟・親戚が集まって宴会をしました。

      実家に帰ると朝から、おやじと叔父は自然薯掘り、私の弟は今晩の刺身用の魚を釣りにと出かけており、昼過ぎからは、叔父の兄弟やいとこが次から次へと食材を持参し、午後からは一家・親族総出で宴会料理の仕込みに取りかかりました。

      私を含め男性陣は外で自然薯の掃除・皮剥、刺身の準備、女性陣はお寿司・揚げ物・煮物など、男女関係なくみんな料理ができるので、20人分の料理が次から次へとできあがりました。

      私は、自然薯鍋の準備で掃除から芋をするまで3時間かけて準備しました(腰も腕の筋肉もくたくた)。

      できあがった料理をずらりと並べてみると、あらためて実家の食の豊かさを実感しました。すべてが家族・親戚の手作り料理で、しかも食材がほとんど自然からタダで調達したものばかり(うちの親戚は狩りの得意な自然児が多い)。ほとんどお金がかかっていませんでした。

      〇豹箸寮垢蟾腓錣察幣紊亮命拭
      親戚からもらったカツオ・ブリ、弟が釣ってきたシマアジ、その他めずらしい魚いろいろ

      ⊆然薯なべ
      おやじの自然栽培もの(サバの出汁)

      自然薯なべ

      ぅΕ張椶離織織
      叔父からの差し入れ、コラーゲンたっぷり(一番人気だった)

      うつぼ

      ゥツオのタタキ、モイカのイカめし
      タツオは叔父からの差し入れ、モイカは近くの海で釣ったもの

      カツオ・モイカ

      Εツオのアラとタケノコの煮物、グレの南蛮漬け
      カツオは基本的に捨てるとこなし、タケノコは塩抜きしたもの
      釣ってきたグレ(小さいサイズ)は南蛮にして頭も骨もペロリ

      タケノコ・グレ

      Дマスの姿寿司、手長エビの唐揚げ、むかごと有機野菜の天ぷら
      カマスのみ直販所で購入、エビは近所の川から、野菜・むかごは家から
      *ちなみに酒はどぶろく

      その他いろいろ

      あらためて料理の内容をみると、高級料亭だと1人数万はくだらないのではないかと思うくらい貴重で高価な食材。でも実際にはいくらお金を出しても都会では食べられない・仕入れられないものばかりなので価値は計り知れないものがあります。

      そして最後に、食材や料理の価値だけではなく、ここには食が豊かだと言えるすべての価値が揃っていました。

      /材を自分で作る、自然の中から自分で調達する

      △箸譴真材を家族・親戚みんなで料理する(男も女も、老いも若きも)

      みんなで作った料理をみんなで「おいしい」と言いながら食べる

      ず埜紊諒夘佞韻發澆鵑覆如覆海匹眞もお手伝い)

      こうして考えると、食の豊かさとは、食材の豊富さだけではなく、料理をつくる食べる行為も重要で、ここ高知県(特に実家)には、このような豊かさが当たり前にあるところがすごいことです。


      恐るべき地産地消セルフうどん

      0
        なかむらや

        先日、四万十町の仕事の際に、町内にあるセルフうどんのお店「なかむらや」を紹介してもらいました。

        前から気になっていたお店だったのですが、看板の横がお好み焼きと書いてあったり、釜が釜飯なのか、うどんをゆでる釜なのか等々、見た目すごく怪しかったため躊躇していました。

        でも、一緒に仕事をしているデザイナーの梅原さんから、「ここはすごいぞ」と太鼓判を押されたため、今回は迷わず入ってみました。

        中にはいると、家族経営のようで、看板娘の方が元気で愛想が良く、かなかな好印象。メニューはお好み焼きから様々な定食がありましたが、セルフのうどん2玉390円で。

        地産地消トッピング

        トッピングは、地元のニラのかき揚げと、これまた地元のシイタケの煮物をチョイス。スープはレバーのようなものを手前に引くと出てきて、自分の好きな量だけかけられます。

        料理はお店の外観で判断してはいけません。麺は本格讃岐うどん、ダシはこれまた関西風のいいダシです。

        本格讃岐うどん

        大満足のうどんを食べ終えると、なんとお店の奥ではセルフコーヒーの無料サービスがありました。ただ、その機械はお水やお茶をセルフでつぐもので、通常温かいお茶を意味する「HOT」を押すと、見た目紅茶に間違うくらい薄いホットコーヒーが出てきました。

        「HOT」コーヒー

        セルフうどんもセルフコーヒーも利用の仕方がまわりに書いていないのではじめは、だれかの紹介で行った方がいいでしょう。ただ、これだけは言えるのは一度行くと「心がわしづかみされます」。この日も「心をわしづかみされた」トラックの運ちゃんや地元のおじさんでにぎわっていました。

        ベジ・フル・カフェ天然素家

        0
          ナチュラルランチ

          先日、今月の17日にオープンしたベジ・フル・カフェ「天然素家」にランチに行ってきました。

          ここは、野菜ソムリエの東村さんがセレクトした旬の野菜をメインに料理を提供しており、店内は天然木のカウンターや竹の家具、木のテーブル・イスなど高知県の天然素材を使ってデザインされていて、とてもナチュラルで落ち着いた雰囲気です。

          オープン準備に、こうち暮らしの楽校に来ていただき、家具や小物など一式購入していただき、それがご縁で、私もオープンを楽しみにしていました。

          店内もナチュラル

          出てきた料理は、さすが野菜をメインにしているだけあって、様々な野菜料理が並び、色もカラフルで見た目もすごくきれいです。食感も様々で、先付けとして生野菜を特製みそについてシャキシャキ、煮物や和え物でホクホク、ニョッキ・里芋団子焼きでモチモチといろんな味・食感が楽しめます。

          奥さんのさゆりさんが料理担当、ダンナさんの英助さんがマネージャーとして、夫婦で仲良く店を切り盛りしていました。

          東村さん夫妻

          昼も遅い時間帯に行ったのに店内はこれまたセンスのいい女性でいっぱい。私も今度は妻と娘を連れてゆっくり食事を楽しみたいお店です。

          こうち暮らしの楽校直営「はりまや市場」の有機野菜も購入していただいており、高知の野菜の良さ・美味しさを実感したい人はぜひ一度足を運んでください。やっぱり、高知の野菜はおいしいですね。

          ベジ・フル・カフェ天然素家(てんねんそか)
          高知市一宮1-14-48
          088-845-1831
          11:00〜18:00(定休:日・月曜)


          梼原町田んぼオーナー

          0
            田植え

            週末の日曜日は梼原町まで田植えに行ってきました。四万川地区の田んぼオーナー制度に参加しての恒例行事で、早いもので今年で4年目になります。

            はじめは3歳だった長女も今年で小学校1年生。これまでずっと「泥が怖い」と田んぼに入らず、昨年まで娘を背負ってのハードトレーニング田植えでしたが、今年はなんとか泥の中に入って3本、記念式典のように植えて、あとは周辺で自由に遊んでました。

            小川遊び

            今年は参加メンバーが多かったので、私も田植え作業をそこそこにして、娘と一緒に、小川に入ったり、イモリを捕まえたり、タンポポでアクセサリーを作ったりして自然を満喫しました。

            たんぽぽブレスレット

            梼原町は県内でも標高が高い地域なので、風もひんやり涼しく、暑くもなく快適でした。お昼は恒例の郷土料理をごちそうになり、その後、町営の温水プールでリフレッシュしましたが、さすがに欲張りすぎたのでしょう。帰りの運転は睡魔との戦いで、その晩はあっという間に寝てしまいました。

            たんぽぽかんざし

            赤牛を美味しく食べるツアー

            0
              赤牛ちゃん

              昨日、11月29日は「いいにくの日」と勝手に決めて、念願だった「赤牛を美味しく食べるツアー」を行いました。こうち暮らしの楽校とはりまや市場のお得意さんや会員の方に呼びかけて、総勢15名で出発しました。

              バスで出発

              道中は高知県畜産課の公文さんから赤牛の説明を受け、土佐町の川井さん、大豊町の渡辺さんの飼育現場を見学させてもらい、お昼には渡辺さんのログハウスで赤牛のサーロインの部分をバーベキューで楽しみました。

              飼育現場を見学

              私は主催者でありながら、娘と一緒にお客さん気分で、初めての畜産の現場を見ることができ(娘は餌やりに大喜び)、現在飼料高騰や市場価格の暴落によって畜産農家が苦況に立たされている状況も教えていただきました。

              餌やり

              高知県の赤牛は、国内でも熊本と高知しかない渇毛の和牛で、貴重な存在の牛です。和牛はよく霜降りの入り具合で評価され、脂身50%以上のものはランクが高く、市場でも高値で評価されますが、私にとっては病気寸前のメタボ牛としか見えません。食べても2切れぐらいで胃もたれするので、牛肉の旨みを楽しむなら、断然・土佐赤牛をオススメします。

              お楽しみのバーベキュー

              土佐赤牛(正式には土佐渇毛牛)は、性格的にやさしく、夏の暑い日差しや急傾斜に強いため、暑く山間部が多い高知の風土にあった牛です。味はというと赤身と脂身のバランスがよく、旨みや風味がいいことから、脂身が25%くらいの入ったロースやサーロインであれば、軽く炙って少しレアな感じで食べるのがオススメです。ツアーでは肉の柔らかさと赤身・脂身のうまさ・風味を満喫しました(300gペロリでした)。

              赤身と脂身のバランスが大切

              この日は、渡辺さんの奥さんが、モモ肉のタタキ、バラ肉のケチャップ煮込みまで作ってくれていて、自家製有機野菜・焼き肉のタレ、最後に手作りシフォンケーキと最大限のもてなしをしていただきました。

              高知の山間部で、地元の藁や牧草、安全な配合飼料で愛情こめて育てた赤牛はとってもかわいく、それだけにありがたくしかも美味しくいただかなくてはなりません。

              現在、牛肉の消費が落ちているのと、霜降りが評価基準である市場価格の下落によって、苦境に立たされている土佐赤牛。私は、この牛をまったく別の価値観でブランド化を図り、県内外の消費拡大を狙っていきたいと思います。

              今回、このツアーにご協力いただいた高知県畜産課・高知県畜産会の方々、畜産農家の川井さん・渡辺さん、どうもありがとうございました。これからも一緒にがんばりましょう!


              スローフードな週末

              0
                小夏

                今週末は仕事もプライベートもスローフードな日々でした。
                金曜日には、地元スローフード高知の役員さんと県外からのお客さん、イタリア料理研究家の池田さん、フランス料理教室主宰の久我さんと須崎の浦ノ内に小夏の収穫体験に。ここの農園は十何種類の柑橘類の木があって、柑橘類でない物はないかもというくらいいろんな果樹があります。浦ノ内の内湾から潮風を浴びた柑橘は味が濃く甘味があります。無農薬なので皮も安心して食べられるということなので、お店や週末のアースディで売るために人一倍どん欲に収穫してきました。作業のあとに海岸に出て海を見ながら田舎寿司を食べるのもまた格別でした。

                パスタ

                その夜には、ゲストの池田さんと久我さんがセブンデイズホテルの厨房を借りて特別に今宵限りのレストランを開くということで、家族でお食事。前日うちのお店でも食材を仕入れてくれていて、その日に買った食材も含めて高知の食材が最高級のイタリア料理に変身していました。土佐ジローの卵黄を使ったカルボナーラや本日手に入れた小夏・クレソンのサラダ、水車小屋で石臼で挽いた地粉のパスタ、この日のメインは高知の魚介類まるごとのリゾット。伊勢エビ・トコブシ・イカなどが入っていてうま味凝縮でした。

                リゾット

                土曜日はスローフード高知の総会&懇親会。総会では土着の天敵を使った農薬を使わない技術について勉強し、夜はこれまた高知の食材を使ったビュッフェ料理(メインははちきん地鶏の丸焼き)。前知事夫妻も見えられていて、スローフードに感心と理解のある人と楽しい時間を過ごさせていただきました(これを見ている方でスローフードの会員になりたい方は私まで)。

                はちきん地鶏

                昨日の日曜日は、アースデイ。環境問題を学びながら、エコで体に優しい物・食べ物が大集合。今回はカフェ系が多く、まわりでおいしいにおいが充満している中で、がんばって高知の野菜や加工品、エコ商品を売ってきました。天気も良く、すぐ目の前がステージという絶好の場所で、商売というよりも一参加者として、音楽とおいしい物を味わいました。

                さて今週の予定はというとまじめな仕事ばっかり。また週末のスローフード的な楽しみに向かってがんばります。

                アースディ

                地場産品の専門店「こうち暮らしの楽校」の詳細はこちらへ!!

                天狗高原の森林セラピーロード

                0
                  森林セラピーロード
                  (森林セラピーロード:ヒノキのチップが敷き詰められています)

                  先日、津野町の天狗高原にある森林セラピーロードを体験してきました。実は私・校長は地域づくりのアドバイスをしていて、今回は津野町の地域づくり研修の打合せ兼視察ということで、役場の方に津野町のオススメポイントをいろいろ案内していただきました。

                  道からの景色
                  (道からの景色:向こうに見えるのは四万十川の源流点・不入山)

                  私の中で一番良かったのは、ここ、天狗高原にある森林セラピーロード。道はヒノキのチップを敷き詰めていて、足の負担が少なく、まわりの景色や香り、小鳥のさえずりなど5感を使ってゆっくり歩きます。風が少しひんやりして気持ちよく、道のあちらこちらに小さな花が咲いていて、まるで森全体が来た人を歓迎してくれているようでした。

                  セラピー弁当

                  次に良かったのは天狗荘が森林セラピーのお客さん用に作っているお弁当です。入れ物も中の容器・包装もすべて自然素材で、食べたあとは持って帰っていろいろ使えます。お弁当の中身は、雑穀おにぎり、地元の梅漬け・わさび漬け、野菜の天ぷら、山菜・コンニャクの煮物など、地元の素材を活かしたヘルシー弁当です。おにぎりが3個も入っていておかずもいろいろあるのにカロリーは600台。ストレスも解消され、心も体も癒されます。

                  お弁当タイム

                  お弁当もふかふかの葉っぱの絨毯の上で食べると、自然にとけ込んだ感じでおいしさがさらに高まったような感じがしました。「景色もおかず」ってまさにそうですね。

                  セラピーロードで癒されつつも、常に頭は地域づくりモード。歩き方、見方、食べ方、地域の良さを最大限に高めるには「○○方」が重要。ヒノキのチップやお弁当に入っていた笹の葉・漬物なんかもお土産で売れないか、いろいろ考えられそうで、研修も楽しくなると思います。今度の研修のテーマは「滞在型の観光地づくり」。この森林セラピーをメインにいろんな資源を組み合わせて、ゆっくり滞在できる体制を地域みんなで考えていきたいと思います。

                  津野町には、その他にもいろんな見どころやおいしい物がたくさんあるので、この春みなさん遊びに行ってみてください。高知市から2時間もかからない所に、北海道と気温が一緒の場所「天狗高原」があります。私の方は次回は、天狗高原からの夕日・朝日を拝みに。友人からも幻想的ですばらしい景色だと噂はかねがね聞いているので、今度は泊まりで行く予定です。

                  地場産品の専門店「こうち暮らしの楽校」の詳細はこちらへ!!

                  梅干し・梅酒・梅ジュース

                  0
                    梅加工3点セット

                    高知市土佐山の農家の人から、「完熟の梅がもう最後やけんどいらん?」と言われて、思わず「いる」と答えた。あとで聞くとその量8キロ(ま、いいか)。直接土佐山まで仕入れて帰る道中は、車の中が桃のような香りで充満、匂いで幸せ。

                    さっそく帰って、瓶買って、生まれて初めて仕込みました。梅干し・梅酒・梅ジュースの3点セット。
                    梅干し:贅沢にも佐賀の天日塩使ってます。絶対うまいだろうな。
                    梅酒:氷砂糖使用、焼酎は米、シソをブレンドです。どんなになるんだろう。
                    梅ジュース:マイルドに三温糖にしました。子どものころから今でも飲んでいる松田家定番ドリンク。

                    前からやってみたかったんですよね。梅の加工品づくり。今までもヌカ漬け、燻製、ジャムと気が向いたら夢中でやるタイプなのです。梅関係は、日曜市で無農薬の完熟の梅で梅干しを漬けている農家の方から、「自分で梅干し漬けてみない?」って言われて、今年はすっかりその気になっていたんです。

                    やると決めてからはさっそくネットでやり方をいろいろ調べて自分の好みでアレンジしました。結構、個人がブログに書いてて失敗談も見たのでなんとかできそうな感じ。今は毎日、眺めては上にある梅が出てきた液に浸るように転がせてまんべんなく漬かるようにしています。

                    土佐山は高知市内の北にあり、山間部で少し気温が低い土地なので今の時期も梅が残ってたんでしょうね。わざわざ完熟するまで待って摘み取る農家に感謝です。
                    梅干しは断然完熟と聞いていますが、お酒・ジュースは完熟はどうなんでしょう。なんか、愛情たっぷりで、毎日味見をしては、熟成する前になくなりそうな予感です。

                    子どもの時から、母親が仕込んでいるところを見ていましたが、まさか自分がやるとは。やってみるととっても簡単。今年は梅パワーで頑張れそうだな。

                    あ、ちなみに日曜市で無農薬の完熟の梅で梅干しを漬けている農家の商品、仕入れる予定です(お楽しみに)。自分の梅干しは隠れメニューで店に置いておくので、試食したい人は声掛けてくださいね。

                    1

                     

                    こうち暮らしの楽校

                    calendar

                    S M T W T F S
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    252627282930 
                    << November 2018 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    recent trackback

                    links

                    profile

                    書いた記事数:156 最後に更新した日:2015/10/08

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM