ひまわり工房・土佐紬&スウェーデン刺しゅう

0
    みなさん、この刺しゅうよーくご覧下さい。

    刺しゅう

    刺しゅう

    糸を束にして布に刺しているのに、まったくよじれたり重なったりしていません。見事に全ての場所の糸がまっすぐになっています。すごいの一言。

    今日は、高知市にある障がい者の作業所「ひまわり工房」に行ってきました。

    ひまわり工房

    私は以前、県の障がい者プラン立案(調査・執筆)をしたことがあり、いろんな地域の作業所で作られる商品を調べ、実際に一部販売支援もしていましたが、このひまわり工房のものは別格で、商品というより作家さんの作品・芸術品です。

    この工房は、元教員だった上田敦子さんが20年前に自費で設立した工房で、作品を販売した収益はすべてここに来る通所者の収入に充て、障がい者の自立を支援しています。

    ここで作業する作家の皆様

    今日はここの作品を、高知県の文化芸術を賞する副賞として贈呈するために、仕上がりの確認と包み紙・納期等の細かな打合せに行きました。

    私はここの作業所が、国の障がい者自立支援法の基準で言うと小規模すぎるため、施設として認められないことに憤りを覚え、であるならば販売支援として応援しようと、この作品にふさわしい場を模索していました。

    テーブルクロス

    刺しゅうのベースとなる布地は、高知県の伝統的特産品で今では生産中止となった幻の「土佐紬」を使用しており、日本の生活文化あふれるシックな布と西洋の刺しゅうの鮮やかさが融合したもので、その作品は数メートルにもおよぶ壁掛けから、テーブルクロス・バック・クッション、小さな袋物・コースターまで、大小・用途別に様々なアイテムがあります。

    テーブルセンター

    今回、私が芸術文芸賞の贈り物として提案したのは、テーブルクロスのセット。世界の食文化が融合している和食に合う敷物として、高知が誇る敷物として自信をもってお勧めできるものになりました。

    ひまわり工房に通う作家さんの中には、16年になるベテランの方もいて、作業風景をよーく見させていただくと、少しの歪みはすべてやり直し。一切妥協しない姿勢は、プロフェッショナルな姿勢としてとても見習うことが必要だと感じました。

    贈り物セット

    今までは一部ギャラリーでの展示会以外には購入することができませんでしたが、工房の皆さんと話し合い、これからは、積極的に物語や志のある作品・贈り物として、県内外に情報発信していくことにしました。

    みなさん、ひまわり工房の土佐紬&スエーデン刺しゅう作品をよろしくお願いします。

    はっさくを収穫してきました。

    0
      はっさく

      最近、暖かくなってきましたね。晴れの日は上着がいらなくなりました。ただ、その分花粉もたくさん飛んでいるのでこの時期はうれしくもあり、悲しくもありの時期です。

      さて、気がつくとブログの更新がすっかり止まっていてご迷惑をおかけしました。この1ヶ月は怒濤のように忙しくて、主に商品開発や販路開拓などコンサルティングの仕事ばかりでした。

      3月になって大きな仕事が一段落したとき、お店のお客さんから「年末に一緒に収穫したはっさく、取りに来ない」と連絡がきました。

      収穫

      そうです。年末にはっさくを収穫して2ヶ月ねかしていたのを忘れていました。話に聞くと酸味が減り甘味が増してきたということで、さっそく、お客さんの実家のある旧土佐山村にはっさくをとりに行きました。

      地面を掘り、藁をかぶせていたはっさくは、多少傷んでいる物はありましたが、大部分はツヤツヤで残っていました。

      とってもジューシー

      さっそく、食べてみるとすごくジューシーで甘酸っぱい。高知はいろんな柑橘がありますが、私ははっさくが一番好きです。

      皆様へのお裾分けという意味で、現在、お店では1個50円という格安で販売しています(校長自らが収穫、農薬・化学肥料不使用です)。

      現在販売中

      また、最近、春野で有機JAS規格(まだ認証はとっていません)で栽培しているトマトを発見して、お店で販売しています。ハウス栽培ですが、とっても美味しいです。

      おいしいトマト

      このトマトの詳しい情報は、スタッフの佐野さんのブログに掲載されています。最近、佐野さんはブログによる情報発信に凝っていて、実にていねいにコメントされています。

      スタッフ・佐野さんのブログ「店長代理日記」
      佐野さんのブログ、トマトの紹介記事はこちらへ!!


      今後は、私・校長だけでなく、佐野さんブログもよろしくお願いします。

      捨てないビジネス・小豆袋リユースバッグ

      0
        小豆袋のバッグ

        このバッグは、手作りのおまんじゅうを作っている生産者から、「小豆袋が毎月大量に捨てていてもったいないので、この紙を使って何か商品になりませんか?」と相談されたのがきっかけで生まれました。

        さっそく、手作りで布製品の作っている「koto koto(コトコト)」さんに、話を持ちかけ、小豆袋でオリジナルバッグをつくってもらいました。

        「せっかくいい紙なのに、そのまま捨ててしまったり、リサイクルに出してしまうのは、もったいない」の想いから、このバッグは始まり、いろいろ試行錯誤、試作を重ねてやっと形ができました。コンセプトとしては、シンプルでナチュラル、ものを大切にする気持ちを込めて作るバッグです。

        バッグ小
        小豆袋リユースバッグ(小)、隣はミニミニバッグ(非売品)

        バッグの本体は紙の小豆袋をリユース、三枚重ねですので丈夫で、手提げの部分は布小物製作の際に生まれたハギレや着なくなった服などをほどき、またつなぎ合わせたりしたものを糸で縫い付けています。持ち手の取り付ける上部分は補給の為に糊で張り合わせていますので丈夫になっています。

        ちなみに大きなサイズのバッグの耐久性を調べるために、お店で売っているお米を入れたところ、6kgめいいっぱい入れても平気でした。通常のお出かけには耐久性は十分だと思います。

        バッグ大
        小豆袋リユースバッグ(大)

        また使っていく内に、紙の部分が痛んだりしたとき、お好みの紙や布を貼ってもまたオリジナルのステキなバッグに育って行くと思います。

        型やサイズ等は、ハンドメイドですので、ご希望にお応えすることも出来ます。また、自分で手作りしたい人には手作りキットを現在考案中ですので、関心のある人は気軽にご連絡くださいませ。

        商品名:Small Beans Bag(小豆袋リユースバッグ)
        メーカー:koto koto
        サイズ:小(横15×縦23×幅8センチ)、大(横35×縦23〜30×幅13センチ)
        価格:小2000円 大5000円

        販売:こうち暮らしの楽校(担当・松田)
        (TEL・088−879−1841)


        苺がやってきた

        0
          苺

          今月から、あの苺氷りの苺が入荷し始めました。苺氷りをもっと知ってもらうためにとはるばる大月からやってくる苺は、栽培の仕方にもこだわり、農薬は一回におさえミネラルたっぷりの有機肥料で育てられた逸品。完熟に近い状態で届きますから、お味も自信を持っておすすめできます。

          苺の売り場


          ちなみにお店に来ていただいた方には特別に、苺が倍おいしくなる食べ方を伝授させていただいてます。ぜひ売り場を覗いてみて下さい。ほんと〜に味が変わるんですよ。

          *本日のブログはスタッフの佐野さんがブログの練習のために書きました。佐野さんも別のブログ(当店HPの商品オススメブログ)で情報発信に努めますのでどうぞごひいきに。

          枝川・村田さんの「アップルマンゴー」

          0
            アップルマンゴー

            今月のおすすめ商品は、いの町枝川・村田さんの「アップルマンゴー」です。村田さんのこだわりは、まず_蹴愴醂舛鮖藩僂擦此魚粉やEM菌・にがりなどで栄養とミネラルたっぷりに育てていることと、▲魯舛納粉していて、ハチが死なないように年間殺虫・殺菌各3回と減農薬で栽培している点です。

            生産現場

            ミネラルたっぷりなので、糖度は18〜20度、ともっても甘く、外国産のものと比べると香り・風味がぜんぜん違います。
            ハチで受粉しているため、中には小玉のものが発生しますが、これは規格外で市場には出せないため、今回、特別にお店用(お客さんにとってはご自宅用)に格安にて提供できることになりました。

            規格外の小玉

            枝川はお店から近いということもあって、なくなりしだい取りに行っています。高知産のマンゴーをまだ食べたことのない方は、一度、プチ贅沢をしてみてください。ご贈答用も農家直のお得な価格で発送していますので、気に入った方は、新しい高知の特産品として送ってみてはいかがでしょうか。時期は7月中旬までと短いので、ご注文はお早めに!(ご贈答はこうち暮らしの楽校ネットショップへ

            甘くておいしい

            地場産品の専門店「こうち暮らしの楽校」の詳細はこちらへ!!

            井上正雄さんの有機JASトマト

            0
              有機JASトマト

              今月のこうち暮らしの楽校のオススメ商品は、南国市の井上正雄さんの「有機JASトマト」です。井上さんは30年以上も前から有機農業に取り組んでいて、有機JASの取得も7年前に県内でいち早く取得しています。
               井上さんの野菜づくりは、土づくりにこだわっていて肥料はできるだけ植物系のものを自家製の米ぬかぼかしを使用しています。土を耕し、種をまき、収穫するまで草引き・害虫対策と大変ですが、安全な旬の野菜を子どもや孫たちにも食べさせたいとがんばっています。井上さんの野菜はちょうど今、夏野菜が出てきていて、有機栽培のトマトはどの農家よりも早く今年初です。慣行栽培のトマトはヘタの部分に農薬がたまりやすく、農薬独特の臭いも残っているのですが、有機のトマトは逆に甘い香りが漂い、そのままパクッと口の中に入れると甘味だけでなく程よい酸味もあり「うまい」。糖度が高いフルーツトマトも甘くておいしいですが、不自然に水分調整せず、農薬も化学肥料も使用していない旬の元気トマトは生命力にあふれ、どこか懐かしい感じがします。30年以上も前から作り続けているので当たり前かもしれませんが、これぞ昔ながらの「本来のトマト」ではないでしょうか。
               ちなみに井上さんの夏野菜はキュウリ・枝豆・トウモロコシなどこれからどんどん出てきます。これから気温も暑くなり食欲も落ちる季節となってきますが、有機で旬の元気野菜をたっぷり食べて疲れなんか吹っ飛ばしましょう!

              有機JAS枝豆

              地場産品の専門店「こうち暮らしの楽校」の詳細はこちらへ!!

              瓶(はんど)みそ

              0
                はんどみそ

                今月のこうち暮らしの楽校のオススメ商品は、四万十町・松原さんの「瓶(はんど)みそ」です。

                このお味噌は、原材料がすべて地元産で作られていて、大豆は窪川産の四万十大豆、米麹は四万十町産のお米、塩は黒潮町産の天日塩を使っています。

                冬の寒い時期に瓶に入れて仕込み(なので名前は「瓶みそ」)、自然発酵させて熟成させていて、天日塩のミネラルが味をよりまろやかにしています。

                ここの味噌は普通の「米麹みそ」が定番でオススメですが、隠れた一品でめずらしいのが「白みそ」です。高知で白みそってめずらしいですよね。よくスーパーで西京味噌とか売っていますが、ここの白みそは西京味噌と比べて、水飴とか一切入れず、モチ米を入れてその甘さによって仕上げています。

                自然な甘さで、そのままキュウリにつけて食べてもいいし、酢みそを作る場合はお砂糖いらずで、お酢とこの白みそだけでおいしい酢みそができあがります。私はいつも手作りコンニャクの刺身をこの白みそを使った酢みそで食べています。最近ではタケノコをゆでて酢みそ和えで食べました(おいしかった〜)。

                高知の天日塩を使っているのに値段はそんなに高くなく、米麹みそが580g・700円、白みそが420g・500円です。これだけ高知県産にこだわったお味噌はちょっと他にはないと思います。ぜひお試しあれ。

                地場産品の専門店「こうち暮らしの楽校」の詳細はこちらへ!!

                みませ屋・干物お味見セット

                0
                  御畳瀬の干物

                  今月のこうち暮らしの楽校のオススメ商品は、みませ屋の「干物お味見セット」です。
                   みませ屋の城下さんは、御畳瀬の魚と天日干しにこだわって毎日手作りで干物をつくっています。
                   味は、ゆず塩味としょうが味醂味があり、ゆず塩味は天日塩(当店で購入したもの)と高知の柚子を使用して、ほんのり柑橘系の後味でさっぱりいくらでも食べられます。
                   しょうが味醂味の方は、秘伝の味醂と高知の生姜を使用して、甘さもくどくなく生姜が生臭さを消してくれていて、これもまたいくらでも食べられます。
                   お味見セットはたいへんお得で、500円でいろんな種類の干物がたくさん入っています。ちなみに最近入荷した商品の中身を数えると、ゆず塩味が沖ウルメ2・ニロギ7・メヒカリ2・ヒメイチ2・ハダカイワシ2、しょうが味醂味がフカ3・ヒメイチ1・アオメ1・エソ1、計21匹。また、これとは別に店内ではスルメイカの一夜干しも売っています。これも味はゆず塩味としょうが味醂味の2種類。この味つけはみませ屋・城下さんのオリジナルで他には当店でしか売ってませんので、ぜひ試してみてください。

                  地場産品の専門店「こうち暮らしの楽校」の詳細はこちらへ!!

                  家中ぴかぴかこれ一本

                  0
                    「これ一本」大と小

                    今回は当店自慢の天然素材の洗剤をご紹介します。その名も「家中ぴかぴかこれ一本」。実はこの洗剤、高知のスギ・ヒノキの木灰を水につけ込み、アルカリ成分を抽出したものです。わかりやすく言うと灰のアク汁、そう、手作りコンニャクの凝固剤なんです。

                    この商品の生産者である池田さんは、昔おばあちゃんが灰やそのアク汁で食器を洗ったりしていたのを思いだし、試行錯誤をした上で天然素材の驚きの洗剤を作りました。

                    原材料は灰と水だけなので手肌に優しく安心、しかも合成化学洗剤と比べ河川や海を汚さず自然にも優しいといった二重丸の商品です。住まい用として、室内の汚れ落としはまさに「これ一本」でいけます。イスやテーブル、食器棚、浴槽、洗面台、窓・ガラスふきなど用途は多く、天然素材なので二度ぶきがいらないがうれしいです。

                    あと、その他の驚きの用途が、羽毛布団、ダウンジャケットのクリーニングが自宅で「これ一本」でいけると言うことです。はじめ、生産者からこの用途を聞いたとき半信半疑でしたが、「自宅にある汚い羽毛布団、ダウンジャケットもってきて、洗濯しちゃるき」と言われ、もう何年もクリーニングに出していないダウンジャケットを預けたら、なんと後日、汚れも臭いもすっきりとれて、見違えるようなダウンジャケットになって帰ってきました(浸け置き洗いをしたところ黒い液が出てきたそうです。うわぁ汚な!)。別のスタッフは羽毛布団を頼みましたが、汚れもきれいになり、しかもふわふわになって、毎日快適に使っています。

                    それ以降、お客さんにも、しつこいくらいにオススメしていて、それを信じたお客さんがダウンジャケットを洗い、その効果に驚き、別のお客さんを連れてくるといった感じで、徐々に「これ一本」ブームが起きつつあります。

                    毎日使ってください

                    500ml・250円、2L・800円と安く、毎日ガンガン使っても懐も安心、ダウンジャケットのクリーニングが2L・800円ですんじゃいますので、それはもう家計にもうれしい限りです。

                    やっぱり、昔の人の知恵はすばらしいものがあります。「家中ぴかぴかこれ一本」このよさは使ってみなければわかりませんが、なんとか高知発のヒット商品として育てたいものです。

                    地場産品の専門店「こうち暮らしの楽校」の詳細はこちらへ!!

                    ぽっちり堂のパウンドケーキ

                    0
                      パウンドケーキ

                      昨日のことになりますが、自然豊かな土佐町でお菓子づくりをしている「ぽっちり堂」の川村夫妻が、うちのお店にパウンドケーキとクッキーを届けに来てくれました。出会いは、3月から開始の土曜オーガニックマーケットの会合でした。友人から「とってもいいよ」て聞いていたし、自分も以前新聞の記事を読んでスクラップしていて、前から会いたいと思っていたので、さっそく声をかけて後日ご自宅にうかがったうえで、特別にうちのお店であつかえることになりました。

                      「ぽっちり堂」のお菓子はできるだけ地元にある素材を使って、ひとつひとつの素材の持ち味を生かした上品なお菓子です。食べるととっても心があったかくしかもやさしい気持ちになります。きっと素材のよさだけでなく、人柄や思いが味に出てるんでしょうね。自然や田舎、お年寄り、昔ながらのライフスタイルを大切にしている生き方もとても共感します。

                      土佐ジローのパウンド

                      自分が気に入った商品をお客さんにお勧めして買ってくれたときの喜び。昨日、さっそく自分用とプレゼント用に買ってくれたお客さんがいました。久しぶりに心の中で大喜びでした。はじめて買ってくれた方「パウンドケーキを食べて幸せな気分になってくれたらうれしいな〜」

                      ものを通じていい出会いがあったり、思いが伝わることで、作る人も買う人も売る人も幸せになれるとしたらこれほど素敵なことはないですね。「お店やってよかった。これからもがんばろ」って思えます。

                      ゆず・リンゴ、ヨモギ・小豆

                      今日は商品説明だけじゃなくってちょっとずつ切って食べてもらったところ、またまた売れました。大きなパウンドケーキの残り見ると、ギフトの見本も含めて、土佐ジロー1、ゆずとリンゴ2、ヨモギと小豆1で残りわずかで順調なすべり出し。甘いものをあまり食べない自分でもこの上品な甘さ・素材の味の良さにはうなります。

                      みなさん、ここ一番甘いもので癒されたいときはぽっちり堂のパウンドケーキですよ。お試し用にうちの店だけ限定のミニパウンドもありますので自分用にちょっとずつ買うのもおススメです。遠くの方やプレゼント用にギフトセットも受付中。作り手のあったかい思いがいっぱい詰まったパウンドケーキとクッキーよろしくお願いしますね。

                      ギフトセット

                      関心のある人は「ぽっちり堂」のHPもご覧になってみてください。
                      http://www.pocchiri.com/

                      共感してくれたらうれしいな〜。

                      地場産品の専門店「こうち暮らしの楽校」の詳細はこちらへ!!


                       

                      こうち暮らしの楽校

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:156 最後に更新した日:2015/10/08

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM