365日おいしいら大作戦!

0
    JUGEMテーマ:グルメ


    見るからにとれたて新鮮刺身。これ、何の刺身かわかりますか。

    なんとシイラです。
    今日とれたばかりで、まったく臭みもなく上品な味わいで歯ごたえもありました。

    先日、香南市で地元でとれるシイラを活用した食の町おこしがスタートしました。
    その名も365日おいしいら大作戦!




    まだ仮称ですが、地元では値段も安く淡白な白身の魚なので、家計を助ける食材として、飲食店をはじめ地元の消費を盛り上げるために、365日メニューに困らないくらい、たくさんの食べ方・メニュー開発をしようと、プロジェクトが立ち上がりました。

    ハワイではマヒマヒと呼ばれ高級魚として、フライやソテーで食べられています。

    刺身に感動した後は、ベーシックなフライ、タルタルソースで食べました。



    次に、初めて食べた、シイラパン。
    シイラのすり身にイカをまぜて、パンでくるんであげたもの。

    私的には、この日一番のヒットでした。
    普段パン屋さんで売ってほしい。ビールのつまみにもなります。



    つづいて、シイラ餃子。
    シイラは淡白な白身なので、肉・野菜・その他魚介類などいろんな食材とコラボしてなんにでも変化します。



    シイラのすり身天。
    これは道の駅・直販所で売れそうです。



    そのシイラのすり身で作ったハンバーグ、和風ソースがけ。



    ちょっと箸休めに、シイラの酢の物。



    ちょっと休憩したところで、メインのシイラのつみれ鍋。
    出汁とセットにしたら鍋シーズンには重宝しそうです。



    番外編、お刺身が残っていたので、試しにシイラのしゃぶしゃぶ。
    薄くスライスすれば十分メニューになりそうです。



    最後は、シイラの天むす。
    大満足の試食会でした。

    これから、地元の飲食店の協力を得ながら、目標365のメニュー提案を目指します。





    土佐佐賀・山の恵み体感ツアー

    0
      シメジ

      めったに見られない光景、一面シメジ畑。
      ここは高知県黒潮町佐賀地区。高知県内有数のキノコの産地で、この写真はシメジ工場で見学した光景です。

      先日、高知新聞を賑わした「カツオ漁体験」に続き、冬の観光メニュー創出として、佐賀地区の山の資源を活かしたモニターツアーを12月4日に開催しました。

      佐賀地区の山の恵みで様々な体験メニューを考案し、各講師・主体者と共同で日帰りツアーとしてパッケージしました。

      当日は午前中10時30分に、地元の森林組合の集会所に集合して、まずは野菜の収穫体験。
      車で移動して無農薬栽培の畑に到着。

      野菜収穫

      大根・春菊・水菜・チンゲンサイなど冬の鍋用野菜を1人ビニール袋いっぱい収穫しました。農薬をかけていないので、その場で味が確かめられるのが醍醐味でした。

      シメジ工場

      続いてシメジ工場の見学。
      「マンロク・シメジ・ファクトリー」というオシャレな看板を掲げるこの工場の主は、40歳代の若手生産者。とても気さくで明るい方ですが、シメジ作りに関してはとても細やかで繊細。菌床の配合や温度・湿度の調整など、いくつもの行程を細やかな管理の下で栽培されていました。かなり大きな規模でやらないと全国の価格競争に勝てないそうで、シメジ好きの私としては、日夜、安くて美味しいシメジを作ってくれている生産者のご苦労が分かってよかったです。最後に1人ずつお土産をいただきました。

      調理体験

      工場見学でちょうど12時になったので、集会所に帰って、みんなで食事の準備。調理体験として(希望者のみ)、先ほどいただいたシメジを使ってメインのかき揚げづくりを教えてもらいました。

      山の幸ランチ

      今回のツアーのランチは、ほとんどが地元産の山の幸。
      里芋と大根葉のなめしご飯、シメジと地野菜のかき揚げ、チンゲンサイの飼い放し卵のスープ、デザートにサツマイモフルーツきんとん、とヘルシーで色鮮やかな料理が並びました。私はなめしご飯をお代わりし、さらに締めに天日塩で食べる卵かけご飯まで食べて、お腹一杯になってしまいました。

      畳の上でみかん・お茶でしばし休憩したあと、いよいよ午後の体験。

      今回は、3人の講師の方にお願いして、3つのメニューの中から好きなコースを選択してもらいました。

      ー型Г凌材でお餅作り
       機械でついた餅を混ぜたり・まるめたり
       持ちは芋・よもぎ・紫芋・きび・白の5種類

      蒸し器

      餅づくり

      できたて餅

      △海蔚未鼎り
       山の中に生えているコケとシダ植物を組合せ簡単キレイ

      コケ玉づくり

      参加者の作品

      L攅体験
       木の皿づくり、金型に沿ってろくろを回すので誰でもできます。

      木のお皿づくり

      ヒノキの皿

      できたものは各自お土産にして帰りました。
      私は、主催者側として全てのメニューを駆け足で参加しましたが、個人的には、お腹いっぱいだったので、木のお皿づくりがアクティブな感じでよかったです。

      以上が今回の山の体験。
      地元の当たり前にあるものをだけど、ちょっと視点を変えて、普段は通り過ぎて見ることのできない・やることのできない・出会うことのできない人・物・事を体験する。
      それが本当の田舎の豊かさを実感する瞬間なのではないでしょうか。

      それぞれ料金も設定し、これから地元の農家民宿「かじか」さんを通じて受け入れ開始していきます。
      みなさん、土佐佐賀はカツオだけじゃないですよ〜。

      ◇土佐佐賀・山の恵み体感ツアー
      各体験コースの料金(体験料以外に別途保険代150円)
      野菜の収穫・お土産500円、シメジの見学・お土産500円
      料理体験(昼食)1,000円
      餅作り1,500円(お土産付き)
      木工体験・こけ玉づくり各1,000円(お土産付き)

      佐賀・漁師体験メニュー開発

      0
        カツオ船

        上の写真、佐賀のカツオ漁師の漁船(9トン・8人くらい乗れます)です。
        今年、佐賀の漁師と漁家民宿の方と組んで、佐賀の漁師体験を高知県観光の目玉としてメニュー開発します。

        思い起こせば10年前、カツオの一本釣りのメッカであるここ土佐佐賀に新鮮なカツオが水揚げされるのに、そのカツオが観光客には食べられない現状をなんとかしようと、漁協の女性グループと一緒に、本場の本物「カツオのタタキづくり体験」をメニュー化しました。今では年間7千人以上の人が訪れ、タタキづくりの体験と食事を楽しんでいます。

        私もこの日は、現役漁師や役場関係者と打合せをしたあと、いつものように体験施設&食事所「黒潮一番館」でお手軽、カツオのタタキ丼を食べましたが、10年前は生のカツオは現地では食べられず、ランチは喫茶店で冷凍カツオのタタキかお好み焼き屋でした。

        タタキ丼

        あれから10年。自分の中では、佐賀の漁師町の文化をまるごと体験してもらうためには、料理や食事だけでなく漁業の現場も知ってもらわないとと思っていましたが、漁師の世界は厳しい世界で、とても遊び目的で船に乗せてくれとは言えませんでした。

        今回、現役カツオ漁師がやる気になってくれて、去年から開業した漁家民宿の方や役場関係者も一致団結して、カツオの一本釣り漁をメインフラッグに漁師体験+タタキづくり体験+漁家民宿のセットで、全国及び世界に情報発信することになりました。

        私も土佐佐賀(現在は黒潮町)の観光の集大成として、高知を代表する観光資源に育てていきたいと思います。
        9月には、カツオの一本釣り体験のモニターツアーを計画中。感心のある方・応援したい方は連絡下さい。一緒に初体験しましょう!

        *下の写真は、究極のエコ漁法カツオの引き縄釣り用の疑似餌(かぶら)。
         アクセサリーみたいでしょ。雨の日はカブラづくり体験もできるようにします。

        カツオタタキ丼

        日本のローカルコンテンツの世界発信

        0
          龍馬の銅像

          この2年間、にっぽんe物産市プロジェクトで、はじめて経済産業省の方や首都圏の小売店・飲食店の方々、全国の地元(地域)を愛するプロデューサー的な役割を担っている方々と、腹をわった交流をさせていただきました。その結果、気づいたことですが、特に食の分野で、情報を求めている人(買い手:消費者またはお店)と、普段情報提供している人(売り手:卸売業・仲介事業者)とで、ミスマッチが起きており、本当に欲しいローカルの情報がなかなか手に入りにくいということでした。

          それは、どの分野も共通していると思いますが、全国展開している大手企業は一見、全国津々浦々の情報をもっていると思いこんでいましたが、実はターゲットがマス対象であるため、ニッチなものやプレミアムなものの情報は実際のサービスには活用できず、各支店の現場には、声の大きい・または規模が大きいなどといった、大きな情報が主に集まってきます。

          一方、消費者側はどうでしょうか。大手のスーパーや大手の旅行代理店に行って、魅力ある商品があるでしょうか。本当に買いたいものがあるでしょうか。これは国内だけにとどまらず、「世界から見た日本」という商品も同じです。世界に発信している情報で、英語や中国語などに対応している情報は、国内の大手のスーパーや大手の旅行代理店のような一般的で大きな機関・企業の情報ばかりが目につきます。

          大月町の海

          日本の本当の豊かさ、すばらしさ、誇り、価値観とはどこにあるのか、1人の日本人として問いかけたときに、私は田舎(ローカル)にあると思います。

          私は現在、国内でも最も経済的指標から言えば最下位にある「高知県」に住んでいます。自分たちが当たり前に食べているもの、見ている風景、もっている技、さらには考え方(生き方)などは、世界の中でもトップクラスにあると自負していますが、残念ながら自分たちの中だけで満足・消化しています。ただ、それが、以前は良かったのですが、過疎化・高齢化、グローバル化の中で厳しい波がどんどん押し寄せ、心の自信も失われようとしています。

          土佐のカツオ

          これからの田舎は、自分たちの前にある当たり前の食材や風景、地域文化の価値に気づき、国内とは言わず、日本の誇りとして、むしろいきなり世界に向けて発信すべきだと思います。

          素材・食材の写真、風景・技術の動画など、今では安価なデジタル機器で、プロ顔負けのコンテンツが蓄積できます。世界への情報発信の仕方もインターネットで動画も含めて発信できます。

          ただし、従来のように各地方が変な競争意識・縄張り争いでバラバラやるのではなく、志のあるローカル集団が、共通の価値観・ルールを共有化した上で、世界を対象に塊(チーム)として提供した方が、相手側にとって魅力あるもの「コンテンツ」になると思います。

          天狗高原の森

          ここ高知は、全土地の面積の84%が森で、そこから育まれる水は川となりますが、当たり前に泳げる、飲んでも大丈夫なくらいきれいな川がたくさんあります。川にはウナギやエビ、鮎が泳ぎ、地元の人は贅沢に取れたてのものを食べています。

          そんな田舎では当たり前のコンテンツを世界に発信し、自然の少ない・きれいでない・食べ物を他の地域から買っている人たちに見てもらい、最終的には旅で来てもらい、物がよければ支持して買ってもらいたいと思います。分かりやすいお手本としてはフランス。観光客も世界一ですし、首都パリ以外に田舎のレストランや風景を目的に田舎を楽しんでいます。

          手長エビ

          日本のローカルコンテンツのマーケットを世界とし、そこに向けて発信すれば、日本の田舎が好きなファンが世界中で何百万人生まれることか。そんなことを妄想するだけでなく、現実の取り組みに落とし込むことで、きっと田舎が経済的にも豊かになりますし、田舎が豊かになれば日本全体も豊かな国になると思います。

          将来的には田舎・都会、民間・政府、分野・省庁、規模の大小関係なく、同じ志の集まりで何かできればいいと思っています。

          四万十中流域の茶畑

          *この原稿は、現在経済産業省で行われているIT施策に対する国民の意見募集サイトに投稿したものです。
          ◇経済産業省アイディアボックス
          2010年2月23日から3月15日までIT政策に関する意見を国民の皆様から募集
          http://open-meti.go.jp/

          地域づくり研修in三原村

          0
            米の風景

            7/31・8/1と三原村に地域づくりの講師として行ってきました。毎年恒例になっている、こうち人づくり広域連合主催の地域づくり研修。早いもので今年で5年目となりました。

            これから具体的に地域づくりを進めようとしている市町村を公募し、地域住民と行政とがともに2日間、地域のあるもの探し(地域資源調査)や地域のあるものを活かした具体的取組を考える、結構ハードな研修です。

            今年選ばれた三原村のテーマは、「地域のあるものを活かしたおもてなし」でした。三原村は米に命をかけているところ。80代の高齢者も米づくりをしている人が多く、回りは一面見事に稲穂の風景が広がっています。

            地域資源バスツアー

            1日目は、村で地域づくりに取り組んでいるグループの話を聞いたり、参加者みんなバスで地域資源をめぐり、三原のいいところを再評価しました。

            2日目は、おもてなしと地域のあるものの活かし方の講義を聞いたあとに、個人で今すぐできるおもてなし・村全体(チームとして)で行うおもてなしと意見を出し合いました。

            ワークショップ

            今回の研修で参加者の皆さんが気づいたことは、三原村にはいいところがたくさんあるということ、外の人をおもてなしするまえに村民同士、行政・住民がおもてなしの心で互いに認め合うこと、その上で、自分の人生が幸せになるために外の人をもてなすということ。

            地域づくりは人づくりとよく言うけど、三原の最大のおもてなしは村の人の笑顔とおしゃべりかな。初日の夜は、地元料理と名物どぶろくを飲みつつ、いろんな話に花を咲かせたのでした。

            どぶろく

            村長・副村長をはじめ、行政の方、住民の方、研修お疲れ様でした。

            男女共同参画と私

            0
              フルーツティー

              今日はNPO男女共同参画ポレールの総会に出席してきました。コンサル時代、商品開発や観光、福祉、子育てといろいろとやってきましたが、男女共同参画も調査研究から計画策定まで幅広く関わってきて、今は仕事と言うよりNPO活動の中で、半ボランティアで市町村のアドバイスやイベント参加などしています。

              ポレールの総会はいつもお楽しみが多く、今年は総会終了後、スチールパンのミニコンサートとフルーツティー教室で、軽食とティータイムを楽しみました。

              高知のまちづくりを考えたとき、あらゆる分野で男女の協力・参画が重要で、特に食の分野では女性の視点が欠かせません。その点で言えば、今やっている食のコンサルティングと男女共同参画は大いに関係が深いのです。

              今日も、テーブルコーディネートやホームパーティーの楽しみ方を女性の講師の方から教えていただきました。私も含めこれからの男性は大いに食卓や台所に立ち、日常の生活の中から新しい食ビジネスを考えて行かなければなりません。

              ハーブの花束

              それにしても、今日は癒されました。この癒しを妻にもお裾分けしようと、会場に飾ったハーブの花束を分けてもらいました。今晩はハーフの花束の香りにつつまれながらディナーですね。

              津野町地域づくり研修

              0
                地域づくり研修

                先週のことになりますが、毎年恒例となっている・こうち人づくり広域連合主催の地域資源活用研修(地域づくり研修)の講師として、1泊2日の日程で津野町に行ってきました。

                地域づくり研修は今年で4年目で、毎年、地域づくりに意欲ある市町村がエントリーされてきます。今年選ばれた津野町は、最近森林セラピーの基地に指定され、観光の方に力を入れていて、今回の研修では、旧葉山村・東津野村の観光や地域づくりに関わっている人のネットワークづくりと地域資源を活かした体験メニューづくり・特産品開発をテーマとして、行政の方・住民の方と一緒に考えました。

                宮谷の大わらじ
                宮谷の大わらじ(つくるのもたいへんです)

                まあ、考えると言っても、いきなりは難しいので、参加者のみなさんが何をやっているのか、地域には何があるのか、見たり・聞いたりの情報収集が1日目の主な作業で、実際に現場にも見に行きました。

                津野町版・山の皿鉢
                山の皿鉢(これがまたうまい)

                夜は夜で、地域にある食材で皿鉢を作ってもらって、みなさんと地域づくりにについて熱く語りあいました。翌日はちょっと声がかれていましたが、メインの2日目はちょっとハードに、みなさんから地域の素材をどんな加工品にするかアイディアを出してもらったり、地域でできる体験メニューや料理・宿を組み合わせて、オリジナルのツアーメニューを考えていただきました。

                さすがに、集団のパワーはすごかったです。40人くらいいたので、たくさんのアイディア・提案が出ました。今後は、この研修で出た意見をどう行動に移すかなのですが、もうすでに津野町さんは、研修が終わったら次の取り組みをすることが決まっていて、主催者側も私もやりがいがありました。

                森林セラピー
                (森林に注ぐ木漏れ日がきれいだった)

                なかなか2日間立ちっぱなし、しゃべりっぱなしでハードでしたが、みなさんと楽しいお話しもし、森林セラピーでは癒され、たくさんのおいしいものをいただき、楽しい2日間でした。

                研修が終わって、研修に来た方がやっている民宿に立ち寄って帰りましたが、この民宿が実にすごい。築250年の古民家を改築した民宿で、細部までこだわった本物の古民家宿です(名前は長寿庵)。

                長寿庵
                (いろり・五右衛門風呂・いろり料理すべてが本物)

                最後まで、驚きっぱなしで奥が深い津野町でした。今度は親しくなった長寿庵・自慢のいろり料理を食べに行こうかな。今後の津野町の動向か非常に楽しみです。研修生の皆様、お疲れ様でした。


                地場産品の専門店「こうち暮らしの楽校」の詳細はこちらへ!!

                1

                 

                こうち暮らしの楽校

                calendar

                S M T W T F S
                1234567
                891011121314
                15161718192021
                22232425262728
                293031    
                << July 2018 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                recent trackback

                links

                profile

                書いた記事数:156 最後に更新した日:2015/10/08

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM