6次産業

0



    6次産業とは、農業や水産業などの第1次産業が食品加工(2次産業)・流通販売(3次産業)にも業務展開している経営形態のことだ。

    農業経済学者の今村奈良臣氏が提唱した造語で、「1+2+3=6」の足し算または「1×2×3=6」の掛け算で6次産業と表現される。

    ある町の農家は、6次産業は掛け算だと主張する。「ベースとなる1次産業がゼロになれば、それにつづく、産業もゼロになる」

    同様の意見が偶然にも県内の加工事業者から聞かれた。「農業がなくなれば私たち地場の食品メーカーも成り立たない」

    1次産業者自らが6次産業に取り組むこともこれまでと同様に必要だと思う。

    ただ、小規模零細の農家・漁業者が多い高知県では、さらに地域全体としての6次産業化、つまり、1次産業者と既存の2次・3次産業者が手を組んで新しいビジネスを興す仕組みづくりも必要ではないか。

    「1次産業がなくなれば地域の産業もなくなる」、この言葉をしっかりと胸に刻み、1次産業と2次産業、3次産業が連携して、=6以上の広がりのある産業発展につなげていきたい。

    「高知新聞朝刊掲載」

    コラボ

    0
       


       コラボレーションの省略語であるコラボは「共に働く、協力する」の意味で、「共演、合作、共同作業」を指す。

      今、このコラボという取り組みがさまざまな分野(産業・教育・福祉等)での問題を打開する一つの大きな原動力になるのではないかと考えている。

      現在、高知市では農林水産課が主体となって、定期的にコラボセミナーを開催している。1次産業者を中心に2次産業、3次産業が協力できる点などを自発的に話し合う場となっており、私もその場で新たなコラボが生まれる瞬間を目にしている。




       さらに、コラボセミナーが契機となって参加企業による自主的な勉強会が立ち上がった。すでに3回実施され、その中で、ある水産物加工品の商品名を新しく魅力あるものに改善させるとともに、参加した農業者の農産物を加えて味のバリエーションを広げることで、新しい販路が広がるという事例も出てきた。



       コラボはまさに「三人寄れば文殊の知恵」。これまでまったく関係がないと思われた異業種や会社とコラボすることによって、新しい発想、協力分野が見つかるかもしれない。そんなワクワク感、可能性がコラボにはある。(楽)



      (楽):こうち暮らしの楽校・松田高政のペンネーム

       

      10月4日付高知新聞朝刊掲載」

      1

       

      こうち暮らしの楽校

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      書いた記事数:156 最後に更新した日:2015/10/08

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM