ご当地商品食べ比べ企画

0
    土佐文旦

    今日から岡山の量販店で「ご当地柑橘食べ比べ!」として、今旬の柑橘を主な産地から取り寄せてお客さんにPRしています。

    今、柑橘は需要が大変落ち込んでいる中で、大豊作となり市場価格は暴落しています。そんな中、約40店舗で販売していただけることはありがたい限りです。

    今回の取り組みは、生産者の顔が見えるのはもちろんのこと、私たち地域の目利き人が味や生産現場を確かめ、間違いないものを、こだわりの情報と一緒に販売するもので、地方同士が連携して新しい流通・売場を提案するモデルとなるものです。

    一地域、一アイテムだとなかなか商談にはなりませんが、全国各地から選りすぐりの一品を集めることで、魅力的な企画となります。

    今、都市部のお店は他店にないものや企画を求めています。その悩みを解決するのが「ご当地」であり、その集積です。

    ご当地といえば、これまでデパ地下で駅弁というイメージでしたが、これからは果物、野菜、加工品、雑貨など、いろんな切り口でご当地商品が提案できればと思っています。

    高知だけなく他の都道府県との連携・協力がますます重要となってきますね。地方連携の時代がやってきました。

    ご当地食べ比べ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

     

    こうち暮らしの楽校

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:156 最後に更新した日:2015/10/08

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM