巨大シジミの活用方法

0
    巨大シジミ

    高知県内の某清流に数十年前から棲息している巨大なシジミ(淡水系のマシジミ)。10年物になるとアサリよりも大きく、まるで黒いハマグリのようです。
    役場の課長さんから依頼されて、今その活用方法を考えています。

    先日は中華料理店に持ち込み、素材自体の味の確認と素材にあう調理方法をいろいろと研究してみました。

    淡水の貝なので、残念ながら素材自体には、旨味があまりなく、素材にしっかりと味を付けて、食感・歯ごたえを中心に味わうことにしました。

    まずはしっかり下味を付けて唐揚げ+ネギソースでからっと味わう。

    シジミの唐揚げ

    次に鶏ガラスープでしっかり煮込んでシジミエキスと一緒に飲み干す。

    シジミのスープ

    最後に、甘辛く味付けしてご飯のお供やつまみになるようにじっくり煮込んだものをパクパク。

    シジミの甘辛煮

    個人的には、唐揚げが一番でした。

    少し、川の貝特有の生臭さがあるので、しっかり味を付ける・火を入れることが必要です。

    それにしても、地元の人はシジミを食べないので巨大なものがごろごろあり、珍しさとしては超一級の素材です。活かすにしても、地元でしか食べられない、またはお店限定というような演出が必要かもしれません。

    演出方法も含めて引き続き、考えていきます。
    感心のある飲食店の方、アイディアがありましたらよろしくお願いします。


    コメント
    徳島産で、まさにハマグリサイズのシジミがすでに高知市内のスーパーなどでも売られています。お味は、まさに昔ながらのシジミの味わいで、なかなか美味しかったですよ。
    • なかじま
    • 2010/05/18 10:24 AM
    なかじまさん
    もうすでに競合品があるんですね。
    やはり一般的なチャネルはやめてストーリーも含めて地元メイン・限定流通で考えていこうと思います。
    情報ありがとうございます。
    • 校長・たっくん
    • 2010/05/18 10:29 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

     

    こうち暮らしの楽校

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:156 最後に更新した日:2015/10/08

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM