恐るべき西土佐

0
    松茸

    ひさびさのブログ更新
    この1ヶ月、商品開発ネタがたんまり・たまっていますが、すべて試作段階でまだまだ見せられるレベルではありません。何度も失敗を重ねています。

    というわけで、今回は土日に遊びに行った妻の田舎・西土佐と私の田舎・大月町ネタ。

    西土佐は妻のおじいちゃんの13回忌で久々にいきましたが、着くなり親戚のおじちゃん達が大興奮。なんと早朝早起きして今日のために松茸を取りに行き大収穫。写真はごく一部で馬鹿でかく握れないくらいの物もありました。

    鮎

    四万十の山の中なのに、新鮮な刺身・鰹にもびっくりしましたが、やはり四万十川。定番中の定番、鮎の炙り焼き(骨もまるごと食べられる)、ツガニの煮物(醤油だしで味付けでかに味噌が酒のつまみに)など四万十の天然の幸。これも妻の叔父さん達がこの日のためにとった物です。

    つがに

    ここ西土佐では、着くなりお茶代わりにビール。法事が終わってすぐビール。昼間の明るいうちから、四万十の幸でビール・日本酒・焼酎とエンドレスに続くため、写真もぶれまくり、途中で幻のきのこ「コウタケ」と記念撮影頼みましたが、カメラマンもぶれまくり。

    コウタケ

    酔っていて姿はうっすらとしか思い出せませんが、最後に飲んだコウタケのお吸い物は食感も良く、旨味の濃いキノコでサイコーでした。

    コウタケ吸い物

    宴会は夜中まで続いたそうですが、我が家は途中で退散。夜は実家の大月町に帰りました。

    大月は弟に3人目の赤ちゃんが生まれたのでひと目見に。次の日の日曜日はあいにくの雨でしたが、帰りに寄ったコスモス畑は例年と同じくあいかわらず大規模な景観でした。

    大月コスモス畑

    それにしても西土佐の妻の実家は恐るべき。山の幸・川の幸、昼間から飲む酒の量はかないません。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

     

    こうち暮らしの楽校

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:156 最後に更新した日:2015/10/08

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM