土佐の生カツオタタキセット全国発売

0
     

    カタログギフトの堂々1ページの一番最初に、土佐佐賀の生カツオのわら焼きタタキが掲載されております。

    今月末より、全国のサークルKサンクスの夏のお中元ギフトにて、これまで高知県黒潮町佐賀地区に行かなければ食べられなかった新鮮生カツオのわら焼きタタキが購入できるようになりました。

    私は商品開発と販路開拓を担当していたので、うれしさもひとしおです。



    このカツオのタタキは、そんじょそこらのタタキとはわけが違います。
    まず、作っている人は現役カツオ漁師の奥さんグループ「黒潮一番館」(漁協女性部)の方々。
    カツオの美味しさを知り尽くしているプロ中のプロが作ります。

    設備やスタッフの人数に限界があるため、基本1日20セット限定です。
    (頑張っても30セットが限界)

    *黒潮一番館の皆さんもやる気になっています。



    そして、使用するカツオは土佐沖近海でその日に揚がった新鮮なカツオをその日中に使います。

    もしも、当日天候悪化で土佐佐賀漁港で水揚げされなければ、高知県漁連の全面バックアップで他の漁港から仕入れ、それでもだめな場合はあきらめて、送る人に連絡します(在宅日の確認も兼ねて)。

    安定供給のためにと県外物・冷凍物は決して使いません。




    わら焼きに使用するワラにもこだわりがあります。
    ここ佐賀地区は漁師町でお米はあまり栽培されていませんが、同じ町内で北部地区は米所で、昔はお米と海産物を交換する関係でした。

    今でも漁師と農家の関係は健在で、使用するワラは近隣の農家に頼んで分けてもらっています。

    そのワラで高温で一気に表面を炙り、香ばしい状態に仕上げます。



    最後に食べ方。
    ここ佐賀のカツオのタタキは、全国でここだけのこだわりの食べ方があります。

    それは、通常、タタキのタレはぽん酢ペースですが、ここのタタキは、「新鮮なカツオを酢でマリネ状態にするのはカツオに失礼」という理由と、「カツオの素材の本来の旨味を引き出すため」に、地元で製造される天日塩(高級品)と醤油ベースの酸味のない、ほのかに甘みがある特製ダレでいただきます。

    薬味もシンプルにやっこねぎとアクセントにニンニクのみ。

    まるでレアステーキのような味わいです。



    どうです、食べたくなったでしょう。
    お近くの方でまだ食べたことのない方はぜひ現地で漁師のおばちゃんとおしゃべりしながら食べてください。

    これまでに高知に来て、ここのタタキを食べたことのある方は、久しぶりにあの味をご自宅で再現してみてください。おばちゃんに習った切り方・盛り付け方完全マスター説明書付きです。

    まだ、まったく知らない方は、まずはご体験を。これまでのカツオのタタキとは違います。

    ちなみに、地元の人しか知らない絶品漁師飯がこのタタキを使って再現できます。
    さらさらといくらでも食べられるこの地域だけの食べ方。

    それは、これを注文しないとできないので、それだけは秘密です。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

     

    こうち暮らしの楽校

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:156 最後に更新した日:2015/10/08

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM