赤岡名物「ちりめんおこげ」

0
    JUGEMテーマ:グルメ
     


    香南市に行ってきました。
    打ち合わせが午前中で終わったので、最近、ずっと気になっていた、「とさを商店」に行き、そこで名物「ちりめんおこげ」を食べてきました。

    香南市はどろめ(生)・ちりめん(釜揚げ)の産地ですが、なかなかランチでは食べられません。とさを商店では、その日にとれた新鮮などろめや地元で釜揚げにしたちりめんを仕入れて、お昼に食べられるようにしています。

    「ちりめんおごげ」はとさを商店の入門編で、上品な出しの中にカリカリおこげおにぎりと釜揚げシラスがたっぷり入っていて、カリカリ・サラサラさっぱりだべられます。なんと出しの中にも釜揚げにした時のゆで汁が入っていて、ここでしか食べられない逸品です。

    お恥ずかしいことに、このお店とメニューは最近知ったばかりで、高知はほんと奥が深いです。

    なんで知ったかというと、今現在、商工会の仕事で地元の産物を使ったメニュー開発・地元飲食店を盛り上げる町おこしを考えていて、先日、メニューを考える試食会を開催し、全品オールシイラ料理を堪能しました。その時に面白い人に出会ったのです。

    とさを商店の野村さんです。



    とてもパワフルで、地元愛にあふれていて、発想もユニークです。
    ブログも熱心に更新していて、赤岡町で検索すると上位にくるほどです。
    とさを商店HP(中に店長ブログ:ちなみに私載っています)

    この日も私のどろめを食べる姿を撮影していただき、即ブログにアップしていました。



    とさを商店は、一見、一般的な食料品や日用雑貨を売っている小売店のような感じですが、地域の産品や手作りのお寿司・お惣菜も売られていて、奥に入ると食堂があり、名物料理が食べられるようになっています。

    私が行ったときは、お昼のお弁当づくり・配達の格闘が終わっているときでしたが、私の前に高知市からグループ、あとから東京からのグループと、名物料理を他食べにつぎつぎと来店していて、なかなかにぎやかでした。



    東京から来たお客さんが、おまかせで、新鮮などろめをぬたで食べていたので、思わず、食事が終わったのに、私もどろめを単品で追加注文してしまいました。



    「ちりめんおごげ」は入門編ということで、そのほかにもメニューにあった、中日ラーメンやちりめん焼きそばなども気になります。

    これから徐々に制覇したいと思います。

    コメント
    コメント、ならびにご紹介誠にありがとうございます
    またよおろしくお願いいたします
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

     

    こうち暮らしの楽校

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:156 最後に更新した日:2015/10/08

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM