四万十・足摺お取り寄せグルメの旅

0
     

    先日、黒潮町にて、地元の天日塩や黒糖を使った商品開発「さしすせそ計画」が始まり、伊勢丹の現役バイヤーを招いて、試作品の試食会を行いました。

    意見を聞きながら、商品の中身を修正し、最終的にはお店で売ってもらえる状態を目指す試みですが、かなりハードルは高く、今後、何回も来ていただくことになりそうです。

    せっかく高知に来てもらったので、商品開発だけでは持ったないということで、現地に宿泊し、夜の懇談会、そして次の日は丸一日フリーにして、土佐清水市・大月町と高知の一番端っこのおいしいもの「おとりよせグルメ」を案内しました。



    夜は、黒潮町と言えばカツオ。
    その日とれたカツオを豪快に藁焼きたたきにしてもらい、また、黒潮町は四万十川の近くということもあり、贅沢に四万十の幸のフルコースも加えて食べてもらいました。
    日戻りカツオ、四万十の幸はすべて貴重な天然物・とれたてなので、お取り寄せは難しく、現地でしか食べられない味ということでご説明。



    次の日は、土佐清水市の元気プロジェクトが販売している「清水サバの漬け丼」「サバカレー」「ブリの魚飯」「キビナゴ・サバ・ハモのフライ」

    これはすべて、加工品でお取り寄せができるものをランチ風に食べていただきました。




    午後からも、立て続けに試食のオンパレード
    私の生まれ故郷・大月町の干しイモ「ひがしやま」、「ブリのへら寿司」「地の鳥・豚・魚の塩麹漬け」
    これもお取り寄せグルメとして、積極的にバイヤーに提案しました。



    さっそく、10月に高知特集を組んでくれるということで、土佐清水の商品は一発OKでした。
    大月町はちょっと宿題をいただき、再チャレンジ。

    それにしても高知は食材の宝庫。
    冷凍にすれば新鮮な食品が自宅で手軽に食べられる提案がいろいろできます。




    私の夏の一押しグルメ、大月町・苺氷り本舗の「苺氷り」も来年の伊勢丹催事を目指します。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

     

    こうち暮らしの楽校

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:156 最後に更新した日:2015/10/08

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM