たまごとスイーツ「こっこらんど」1/27オープン

0
    JUGEMテーマ:グルメ



    四万十町の養鶏農家の卵とスイーツのお店「こっこらんど」
    今週の金曜日、1/27にオープンします。

    運営するのは、四万十町窪川で養鶏業を営む佐々木さん一家
    地元のお茶の粉末を食べさせてつくる「コロンブスの茶卵」が有名です。

    看板の文字は、お父さんの手書き
    経営は農家のせがれの息子さん、作るお菓子は、娘さん、息子の奥さんといった具合に家族で切り盛りします。



    佐々木さんとは、昨年のスーパーマーケットトレードショーの出展アドバイスで知り合い、今年は農家の6次産業化の仕事で、お店の計画を知り、まわりに言いたい気持ちを抑え(守秘義務)、ひそかに楽しみにしていました。

    昨日は一足先に、様子をうかがいに行くと、開店直前で大忙しの中、店内を見させていただき、「宣伝しちょいて」とチラシや試作品までいただいたので、堂々と前宣伝させていただきます。

    まだマスコミにも発表していないと思いますので、おそらく店内の紹介は初ではないでしょうか。

    お店に入ると、まず目に飛び込んでくるのは明るいオレンジ色のオーブン
    まさに今焼いている様子が見ることができます。



    店内は地元の木をふんだんに使いナチュラルでいい感じです。
    同じく地元の木で作った販売棚には、生みたての卵を直売するので、「この卵でこのお菓子を作ったのか〜」とわかりやすい演出です。



    こだわりの卵でつくるスイーツは、
    ロールケーキ「たまごdeロール」「土佐茶ロール」
    米粉を使った「焼きドーナツ」



    表面がサクッと中はもっちり生地のシュークリーム「ちゃまごでしゅ」



    「コロンブスの茶卵」を贅沢につかったプリン「ちゃらんぷりん」
    ほかにも黄身は使わず白身を使った真っ白プリン「にっこぷりん」
    など、ネーミングもユニークで、笑いながら考えたのでしょう。明るい佐々木家が目に浮かびます。



    ロールケーキの持ち帰り用の箱は、お店の建物の形そっくり
    細部までこだわりと思い入れを感じます。



    店内はカフェにもなっていて、天気のいい日は外のテラスで休憩も気持ちよさそう。
    隣の中華料理屋さんとも仲よく連携して、ここが窪川の新たな休憩スポットになること間違いなしと感じました。



    1/27のオープンは10時から
    先着100名に卵をプレゼント

    ぜひ、卵農家が家族でつくる手作りスイーツを食べに行ってください!!



    「こっこらんど(鶏卵人)」
    四万十町東大奈路331-144(道の駅あぐりと窪川市街の間・国道沿いです)
    定休日/水曜 営業時間/10時から19時

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

     

    こうち暮らしの楽校

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:156 最後に更新した日:2015/10/08

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM