6次産業

0



    6次産業とは、農業や水産業などの第1次産業が食品加工(2次産業)・流通販売(3次産業)にも業務展開している経営形態のことだ。

    農業経済学者の今村奈良臣氏が提唱した造語で、「1+2+3=6」の足し算または「1×2×3=6」の掛け算で6次産業と表現される。

    ある町の農家は、6次産業は掛け算だと主張する。「ベースとなる1次産業がゼロになれば、それにつづく、産業もゼロになる」

    同様の意見が偶然にも県内の加工事業者から聞かれた。「農業がなくなれば私たち地場の食品メーカーも成り立たない」

    1次産業者自らが6次産業に取り組むこともこれまでと同様に必要だと思う。

    ただ、小規模零細の農家・漁業者が多い高知県では、さらに地域全体としての6次産業化、つまり、1次産業者と既存の2次・3次産業者が手を組んで新しいビジネスを興す仕組みづくりも必要ではないか。

    「1次産業がなくなれば地域の産業もなくなる」、この言葉をしっかりと胸に刻み、1次産業と2次産業、3次産業が連携して、=6以上の広がりのある産業発展につなげていきたい。

    「高知新聞朝刊掲載」

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

     

    こうち暮らしの楽校

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:156 最後に更新した日:2015/10/08

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM